第 2 回 UAT アクセシビリティワークショップ

〜 ICT技術で視覚障害者にどのような合理的な配慮ができるか 〜

日程
2016 年 1 月 16 日 (土) 10:00 – 16:40
会場
東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター 国際会議室
住所: 〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6
アクセス: http://www.cictokyo.jp/access.html
主催
日本学術振興会産学協力研究委員会 インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) UA 技術の普及・実践分科会 (UAT)
協力
日本アンドロイドの会福祉部
開催趣旨
2016年4月から施行される、障害者差別解消法 (障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律) では、全ての公共機関や学校は、障害者に“合理的な配慮”を提供することを義務付けされます。現時点では、誰がどのように“合理的な配慮”の範囲をきめるのか不明です。この会合では、視覚障害者を対象に、ICT 技術で提供可能な“配慮”を考え議論する予定です。
参加について
ワークショップの参加費は無料ですが、事前に参加申し込みを行ってください。
参加申し込み
参加申込みは終了しました。

プログラム

2016 年 1 月 16 日 (土)
10:00 〜 10:10
開会の挨拶
10:10 〜 12:00
「欧米の障害者への合理的配慮の例: 聴覚障害者の場合」: 白澤 麻弓 (筑波技術大学)
「欧米の障害者への合理的配慮の例: 視覚障害者の場合」: 青木 千帆子 (静岡県立大学)
「大学における障害のある学生への支援: 東京大学の例」: 中津 真美 (東京大学)
「ドコモ・ハーティスタイルについて」: 諏訪 勝也 (NTTドコモ(株))
12:00 〜 13:00
昼食/休憩
13:00 〜 14:30
「デジタル教科書における視覚障害者への配慮: 東京書籍の場合」: 高野 勉 (東京書籍(株))
「デジタル教科書開発 CoNETSコンソーシアムの紹介」: 馬場 泰郎、高田 典子 (CoNETSコンソーシアム)
14:30 〜 15:00
休憩
15:00 〜 16:30
「ビーコンで出来ること」: 小出 冨夫 (クリエートシステム開発(株))
「今こそ、ICT技術を発揮できる: 教科書のデジタル化、差別解消法」: 釜江 常好 (東京大学)
16:30 〜 16:40
閉会の挨拶

問合せ先

本ワークショップに関しての問い合せは、電子メールで受け付けています。UAT ワークショップ実行委員会 (uat-workshop201601@itrc.net) までお願いします。

第 1 回 UAT アクセシビリティワークショップ

〜スマホの視覚障害者向けアクセシビリティについて〜

日程
2015 年 2 月 14 日 (土) 10:00 – 16:40
会場
東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター 5F 501 号室
住所: 〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6
アクセス: 東京工業大学キャンパスイノベーションセンター アクセス情報
主催
日本学術振興会産学協力研究委員会 インターネット技術第 163 委員会(ITRC)UA 技術の普及・実践分科会 (UAT)
協力
日本アンドロイドの会福祉部
毎日ユニバサロン
開催趣旨
スマートフォンは、最先端の集積回路とミクロな電子機械素子を組合せた、操作しやすい「電子頭脳」です。全世界に張り巡らされた無線インターネット網と併せて活用すれば、視覚障害者に便利なシステムが構築できるはずです。事実、アイフォンもアンドロイドも、視覚障碍者の利用を想定し、音声ベースで操作できる機能を組み込んでいます。しかし現状では、スマートフォンが視覚障碍者に普及していないばかりか、それが提供する高度な機能を使うためのアプリも多くありません。この背景には、システム提供側、アプリ開発者、技術に明るい視覚障碍者の利用者が直接対話する場が少なかったことがあると思います。本研究会は、このような対話を促進することを願って企画しました。この趣旨のもと、技術的な基礎を共有できる人たちを中心に参加を呼びかけています。
参加について
ワークショップの参加費は無料ですが、事前に参加申し込みを行ってください。
参加申し込み
申込み受付は終了しました。

ガイドヘルプ
(視覚障害をお持ちなどの) 誘導が必要な方のためにガイドヘルプを準備させて頂きます。9時30分に JR田町駅改札にお越し下さい。

プログラム

2 月 14 日 (土)
10:00 〜 10:10
開会の挨拶
10:10 〜 10:40
講演「視覚障害者のスマートフォン・タブレット利用状況調査2013報告」: 渡辺 哲也 (新潟大学)
10:40 〜 11:10
講演「日本Androidの会 福祉部のご紹介」: 武藤 繁夫 (日本アンドロイドの会)
11:10 〜 11:40
講演「ボイス オブ デイジーでの iOS/Android のアクセシブルなアプリ開発」: 工藤 智行 ((有)サイバック)
11:40 〜 12:10
講演「ドキュメントトーカーを中心としたアプリの開発経験と将来」: 小出 富夫 (クリエートシステム開発(株))
12:10 〜 13:15
昼食/休憩
13:15 〜 13:45
講演「オープンビーコンによる視覚障害者の街歩き支援について」: 伊藤 拡 ((株)むすぶ)
13:45 〜 14:15
講演「ロービジョンの立場から」: 伊敷 政英 (Cocktailz)
14:15 〜 14:45
講演「radiko.jp のアクセシビリティの今後」: 香取 啓志 ((株)メディアプラットフォームラボ)
14:45 〜 15:00
休憩
15:00 〜 15:30
講演「ヤフー乗り換え案内のアクセシビリティ改善」: 山本 拓巳 (ヤフー(株))
15:30 〜 16:00
講演「らくらくスマートフォンにおける音声読み上げ技術の取り組み」: 大石 亮介 (富士通(株))
「らくらくスマートフォン プレミアム(F-09E)開発者向けガイドライン」
16:00 〜 16:30
全体討論
16:30 〜 16:40
閉会の挨拶

問合せ先:

本ワークショップに関しての問い合せは、電子メールで受け付けています。UAT ワークショップ実行委員会 (uat-workshop201502@itrc.net) までお願いします。