meet14 report

開催報告

2003 年 11 月 5 日 (水) 〜 11 月 7 日 (金)、第 14 回 ITRC 研究会が以下のように高知で開かれました。今回は、日本ソフトウェア科学会 インターネットテクノロジワークシプ 2003 (JSSSTWIT 2003) 共催ということもあり、終日多くの研究者にご参加頂きました。研究発表では、Multi-Home の一手法の提案、LINAforIPv6 である LIN6 の紹介、医療現場でのデータ権利やネットワーク利用の重要性と現状、今後の展望、P2P トラフィックの問題、QoS 保証の必要性、長距離高速通信に関する技術、非情報系の学生に対する情報教育や、日韓での教育交流、中国語のデータベースの現状と課題、遠隔操作プロジェクトや LIVE!UNIVERSE の活動報告、モバイル IP による香港の地下鉄への接続実験に関する発表、RING on RIBBの実験に関する招待講演と研究発表、JGNIPv6 のネットワーク情報収集、ルータ輻輳制御方式に関する報告、高性能な伝送を行うための TCP 性能計測、Virtual Lab の現状報告と新サービスについて、マルチメディアコンテンツの遅延を解消する方法等が発表され、BOF 形式のセッションとなっていたため、どのセッションも活発な質疑応答が行われました。研究会の合間では、懇親会やバーベキューなどもあり、終始和やかな雰囲気の研究会となりました。

より詳しい情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA